6月限定プレゼント企画

16連勝も可能になって驚きのインジケーター(先を予測する線・自動でトレンドラインを引いてくれる機能) 鉄板手法レポート(全23ページ)
詳細・受け取り方法に関しては⇒『XM.com(XEMarekts)の海外必勝法
XEMarkets 口座開設
バイナリーオプションのハイローのペイアウトは最大2倍の唯一の会社・必ず勝率がUPする8割の勝率レポートをプレゼント
動画・受け取り方法は⇒『最短1分のハイローで2倍の利益・・秘密の手法も公開
HIGHかLOWかを予想する取引お得なキャンペーン実施中!
FX・バイナリーの特典は口座開設+ご入金(最低の入金の5,000円でOK)
プロフィール

motoch

Author:motoch
名古屋在住の35歳です。うつ病になってしまい。会社を退職しましたが、現在は回復途中・・
過去に退場経験があるFXで再起をかけて、迷惑をかけた家族を少しでも幸せにするために奮闘中です。

バイナリーオプションブログ
『バイナリーオプションの手法開拓』も実施中!
遊びに来てください

Twitterボタン

FC2オフィシャル

最短2分で2倍の収益手法公開
HIGHかLOWか予想する取引
手法詳細・入手⇒コチラ
世界最大のバイナリー
アクセスランキング
日本ブログ村
高リスクについての警告
外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

トレードスタイル

①スキャルピングトレード(超短期)

スキャルピングトレードとは、数秒から数分程度でトレードする方法です。数銭から数十銭の利益でトレードして、1日に何度も行い小さな利益を積み上げていきます

大きく相場が動くときには、数秒でも損失が出る可能性があるときなどに使います。チャートをじっと見て、すばやい判断力で瞬時にマウスをクリックします。

A.メリット
リスクが限定的である・・・長くても「数分間」のリスクで、「デイトレード」よりもさらに限定されます。
「ここだ!」と思った時のみトレードすることによって、予測しやすい相場の影響しか受けないのでレバレッジを多少高く設定することができます。
日をまたいでトレードすることがないのでマイナススワップでも支払うことはないのです。

B.デメリット
取引回数が多くなるため、他のスタイルと比べると売買コストが掛かります売買コストを重視してFX会社を選びましょう。一日の変動幅は限られているので、長期保有のような大きい利益は期待できません。利益が小さい利益を積み重ねるトレード方法になります。

C.注意
スキャルピングでは、「損切り(ストップロス)」を確実に行いましょう
小さな利益を積み重ねていく手法なので、大きな損失は絶対に避けなければならないのです。
素早い対応が求められるトレード手法といえるので、「約定能力」を重視しましょう。
スキャルピングでは「1銭、2銭」が大きな意味を持ちます。デイトレード同様、スキャルピングで十分な利益を上げるためには、「利益の少なさ」を「資金量」「レバレッジ」でカバーする必要があります。



②デイトレード(中期)

デイトレードとは、エントリーから決済までを1日以内(24時間以内)で行い、次の日までポジションを持ち越さない方法です。相場が動きやすい時間帯でのトレードで利益を狙います。

FXの場合は24時間市場が動いてるので、寝てる間の相場暴落や取引時間外での価格変動などでの損失を防ぐ事ができます。

A.メリット
リスクが限定的である・・・デイトレードは長くても「数時間のリスク」なので中~長期トレードのように「何週間」「何年間」のリスクはありません。
レバレッジを掛けやすい・・・「ここだ!」と思った時のみトレードすることによって、予測しやすい相場の影響しか受けないのでレバレッジを多少高く設定することができます。

B.デメリット
取引回数が多くなるため、他のスタイルと比べると売買コストが掛かります。売買コストの安いFX会社選びが大切です。
一日の変動幅は限られているので、長期保有のような大きい利益は期待できません。利益が小さい利益を積み重ねるといったトレード方法になります。

C.注意
デイトレードでは「損切り(ストップロス)」を確実に行うことが重要です。大きな損失は絶対に避けなければならないのです。相場が悪い方向に動いた場合「損切り(ストップロス)」を実行します。
原則として持ち越してはいけないのです。
「利益の少なさ」を「資金量」「レバレッジ」でカバーする必要があります。



③スイングトレード
数日から数週間の間に取引を終わらせるトレード手法です。
スイングトレードでの取引は、テクニカル分析ファンダメンタル分析の両方を用いて行います。
主な収益源は、為替レートの変動に為替差益)になります。
スワップも付きますが、期間が短い為「オマケ」程度に考えましょう。

A.メリット
資金効率が良い・・・短期売買と比べると若干劣りますが、それでも資金効率の良いトレード方法と言えます。
瞬時に判断する必要が無い・・・デイトレードやスキャルピングのように瞬時に判断してトレードする必要がありません。買いたい価格を予め注文しておいたりと、瞬時の判断よりも分析を重視することができます。
大きなトレンドの流れに乗れる・・・短期売買では、恩恵を受けることが難しい、日単位、週単位といった長いトレンドを活用することができます。
取れる値幅が大きい・・・短期売買と比べ「動く値幅が大きい」のでその分利益も大きくなります。
常に取引画面を見ている必要が無い・・・損切り(ストップロス)の注文さえ出しておけば、短期トレードのように常に画面を見ている必要はありません。

B.デメリット
大きな損失を出す可能性がある
利益が出たら大きい分、損失が出ても大きいです。
「損切り(ストップロス)」を設定していないと痛い目に遭います

C.注意
短期トレードと「動く値幅」で比較すると、 ハイリスク・ハイリターンな取引といえます。
しっかりとした戦略がないと大きな損をしかねないので注意が必要です。
テクニカルだけでなくファンダメンタルの影響も強く受けます。経済指標や経済の動向に注意する必要があります



④長期トレードとは
数ヶ月から数年の間ポジションを持ち続けるトレード手法のことです。
画面に張り付いていなくてもトレードできる手法です。

A.メリット
スワップ金利重視のトレードができる・・・プラススワップの通貨を持っていれば、スワップはかなりのものになります。
常に取引画面を見ている必要が無いスイングトレード同様、損切り(ストップロス)の注文さえ出しておけば、短期トレードのように常に画面を見ている必要はありません。

B.デメリット
保有によるリスクを背負う期間が長い・・・短期トレードでは考えられない事態に陥ってしまう可能性もあります。
マイナススワップを支払わなければならない・・・マイナススワップの通貨を持っている場合は、かなりのスワップを支払うことになります。それに見合った相場の変動を予測しているのでしたら問題ありませんが、そうでないならマイナススワップは持たないほうが無難と言えます。

短期売買と比べ、資金効率は悪いです。その分、きっちり分析していれば安定したトレード方法とも言えます。


C.注意
FX長期トレードはどのトレード手法よりもファンダメンタル」の影響を受けます。
ファンダメンタル分析の知識も持たずに長期トレードは不可能です。
「スワップ金利狙いで長期保有をしよう」と考えているのであれば、ファンダメンタルの知識を深めることが先決です。

トレンドの種類

            トレンドの種類          

FXで利益をあげるためには、このトレンドを正確に把握することがとても大切です。トレンドの把握が、FXの勝敗を分けるといっても過言ではありません。特に初心者は、トレンドに逆らわずに、トレンドに乗っかった取引をすることが成功の鍵になります。

相場の種類は3つです。

トレンド種類

1.上昇トレンド
2.下降トレンド
3.レンジ(ボックス)相場

チャートのローソク足が右肩上がりに並んでいるとと上昇トレンド
チャートのローソク足が右肩下がりに並んでいると下降トレンド
そして、どちらでもない横ばいに並んでいるとレンジ相場、ということができます。

FXの相場、トレンドを見極めることは、
「為替レートの予測をする力」をつける最初のステップです。

トレンドが発生しているのに、レンジの手法でトレードしたり、レンジ相場なのに、トレンド手法でトレードするのは、大やけどの基になります。

そして・・まずチャートを見たら。、「今の相場はどの相場か?」という事を確認するようにしてください。

テクニカル編でトレンド・レンジを判断する方法を行いますので、今回はトレンドの概念を覚えておいてください

トレードのタイミング

          トレードのタイミング        

FXの売買のポイントとして、順張り逆張りというものがあります。

トレンドの転換を確認してから売買の注文を出すことを順張りといい、逆にトレンドの転換を予想して、トレンドと逆行するように売買の注文を出すことを逆張りといいます。

順張り・逆張り

たとえば、現在1ドル=100円のレートが1ドル=102円と円安に振れてきた場合、「このトレンドに乗ってドルを買おう!」という手法です。
逆に、現在1ドル=110円のレートが1ドル=108円と円高に振れてきた場合、「そろそろ底値で円安に転換するだろう」という希望的観測の元で、買いを入れることを『逆張り』といいます。

【順張り】
メリット・・・トレンドの流れに乗るわけですから、すぐにでも利益が出るところ
デメリット・・・トレンドができるのを確認してから買いますから、出遅れる感がある

円安の上昇の勢いが強いときでは、安いところで買えずに高いとことろで約定してしまう可能性もあります。ですから、「順張り」は、僅かな利幅を短期でコツコツ稼ぐというスタイルに向いているでしょう。

【逆張り】
メリット・・・うまく予想が当たれば『底値』で買うことができ、最大限の利益を得られる可能性があります。
デメリット・・・下降(上昇)基調だからといって、必ずしもすぐに上昇(下降)するとは限らず、そのまま下がり(上がり)続けるという危険もあります。

トレンドに逆らった取引ですから、予想が外れたときは大きな損失を被るリスクも背負っていると認識した方がよいでしょう。

流れに沿った売買方法がFXビギナーにはオススメです。

トレンドラインの引き方・売買方法

トレンドラインの引き方・売買方法


右肩上がりのローソク足の安値を数本つなげた線を引く
トレンドライン① 
売買の方法・・・黄緑色の点線に近づいてきたら、反発を確認してロング


右肩下がりのローソク足の高値を数本つなげた線を引く
トレンドライン② 
売買の方法・・・赤色の点線に近づいてきたら、反発を確認してショート


トレンドラインを引く事で細かい値動きに惑わされずにトレンド全体の大きな流れをつかむ事ができます。



THEME:FX(外国為替証拠金取引) | GENRE:株式・投資・マネー |

トレンドラインを使った売買方法(応用編)

トレンドライン売買方法(応用編)


上昇トレンドライン下値支持線の使い方

下値支持線とは・・・上げ下げを繰り返しながらも、下値を切り上げて上昇していくトレンドを示すライン
トレンドライン③



ブレイクダウン・・・ローソク足が下値支持線を下に抜けた時・・・下降トレンドに変化⇒売りシグナル
トレンドライン⑤


下降トレンドライン上値抵抗線の使い方

上値抵抗線とは・・・上げ下げを繰り返しながらも、上値を切り下げて下降していくトレンドを示すライン
トレンドライン④

ブレイクアップ・・・ローソク足が上値抵抗線を上に抜けた時・・・上昇トレンドに変化⇒買いシグナル
トレンドライン⑥
THEME:FX(外国為替証拠金取引) | GENRE:株式・投資・マネー |
ブログランキング
応援お願いします。
業界最低スプレッド
XM 口座開設
新規口座キャンペーン
ウルトラFX
関連記事⇒コチラ
メルマガ始めました!
FXにもバイナリーオプションにも役立ちます!

無料レポートプレゼント実施中
Translation
検索フォーム
機能を動画解説
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

動画で機能を紹介コチラ
リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
免責
当ブログは情報提供を唯一の目的としたものであり、収益の保証、或いは直接的に投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。 本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。 キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。 また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習など、デモ環境を使用する場合があります。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。 投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、ご自身で判断されますようお願いいたします。 また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。 従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定はお客さまご自身の判断でなさいますようお願い致します。