8月限定プレゼント企画

16連勝も可能になって驚きのインジケーター(先を予測する線・自動でトレンドラインを引いてくれる機能) 鉄板手法レポート(全23ページ)
詳細・受け取り方法に関しては⇒『XM.com(XEMarekts)の海外必勝法
XEMarkets 口座開設
バイナリーオプションのハイローのペイアウトは最大2倍の唯一の会社・必ず勝率がUPする8割の勝率レポートをプレゼント
動画・受け取り方法は⇒『最短1分のハイローで2倍の利益・・秘密の手法も公開
HIGHかLOWかを予想する取引お得なキャンペーン実施中!
FX・バイナリーの特典は口座開設+ご入金(最低の入金の5,000円でOK)
プロフィール

motoch

Author:motoch
名古屋在住の35歳です。うつ病になってしまい。会社を退職しましたが、現在は回復途中・・
過去に退場経験があるFXで再起をかけて、迷惑をかけた家族を少しでも幸せにするために奮闘中です。

バイナリーオプションブログ
『バイナリーオプションの手法開拓』も実施中!
遊びに来てください

Twitterボタン

FC2オフィシャル

最短2分で2倍の収益手法公開
HIGHかLOWか予想する取引
手法詳細・入手⇒コチラ
世界最大のバイナリー
アクセスランキング
日本ブログ村
高リスクについての警告
外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

ボリンジャーバンドとは・・

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャー氏が考案したテクニカル分析の手法です。
ボリンジャーバンドは、移動平均とその算出に利用した期間データの標準偏差(シグマ)を計算し、移動平均に対して標準偏差(シグマ)のX倍を上下に加減したラインのことです。

基本的な考え方

レートはある一定の確率でバンド内で推移いたします。
その確率は以下の表のとおりです。
標準僅差(シグマ)   確率    
±1σ(シグマ)約68%
±2σ(シグマ)95.4%
±3σ(シグマ)99.7%



ボリンジャーバンドの利用方法(基本)

横ばいトレンドの際は、バンドの上端付近では「売り」、下端付近では「買い」を行うという一般的な戦略があります。ローソク足に上ヒゲや下ヒゲなど反転を示唆する足が出現した場合には、信頼性も高くなります

ボリンジャーバンド①


ボリンジャーバンドの利用方法(バンドブレイクアウト)

上記とは反対に、レートがバンドの上端を突き抜けた場合に「買い」、レートがバンドの下端を突き抜けた場合に「売り」を行うというバンドブレイクアウトという戦略もあります。レート変動が小さくなりバンド幅が狭くなった場合にこれが起きると、信頼性も高くなります。

ボリンジャーバンド②
THEME:FX(外国為替証拠金取引) | GENRE:株式・投資・マネー |

移動平均線

移動平均線は、過去の一定期間の価格(為替の場合はNY市場の終値を使用)の平均値をグラフ化したものでチャート分析における一番基本的でわかりやすい指標です。曲線がマーケットのトレンドを表します。

私も 200MA 75MA 20MAを中心に使用しています。
MAを比較して数字が大きいほうが長期移動平均線となります。

使い方としては

基本的な“買いシグナル”

買いシグナル 左図(1)は、ゴールデンクロスと言われます。
 短期移動平均線が上昇基調の長期移動平均線
 を下から上抜く形です。安値圏 にあった相場が
 下げ止まった後に、この形が見ることができると
 上昇トレンドが形成される可能性が高いです。
 短期移動平均線上昇角度が鋭いほど強い
 上昇トレンドを表します。

 (2)は、長期移動平均線短期移動平均線
 支持線(サポートライン)としての役割を担う時。
 短期移動平均線がに接近するものの下抜け
 
せずにそのまま上放れた場合、それまでの
 トレンドが継続されることが多いです。
 



マーケットがトレンドを形作っている過程にある時に移動平均線を注意深く観察すると、このようなシグナルを発見することができます。

基本的な“売りシグナル”

売りシグナル 左図(1)は、デッドクロスと言われるものです。
 短期移動平均線が上昇基調の長期移動平均線
 を上から下抜くことからそう呼ばれます。長く
 上昇トレンドが続いた後の高値圏でこの形が
 できると、反転し、下降トレンドに入る可能性
 が高く、短期移動平均線下落角度が急な
 ほど強い下降トレンドを表します。

 (2)は、長期移動平均線短期移動平均線
 抵抗線(レジスタンスライン)としての役割を果た
 します。長期移動平均線の下にある状態の短期
 移動平均線が上昇し、長期移動平均線に接近
 するものの上に突き抜けることができずに、
 再度反落した場合、それまでの下降トレンドが
 継続されることになりがちです。


”買い”のポイント

買いポイント

1.移動平均線が下落を続けた後、横ばい又はこれから上昇しそうな局面で、価格が移動平均線を上抜いた時
2.移動平均線の上昇時、移動平均線の上にある状態の価格が移動平均線を下回った時
3.上昇している移動平均線の上に価格がある状態で、価格が下落したものの、移動平均線がサポートラインの役割を果たし、反発した時
4.下落過程の移動平均線の下にある価格が、大きくかけ離れて下落した時

”売り”のポイント

売りポイント

1.長期的な上昇後の移動平均線が横ばい、又は下落に転じた局面で、価格が移動平均線を下抜けした時
2.下降している移動平均線の下にある価格が、移動平均線を上抜けした時
3.価格が下落している移動平均線の下にある状態で、移動平均線がレジスタンスとして機能する時
4.上昇している移動平均線の上に価格がある場合、そこからかけ離れて急騰した時


THEME:FX(外国為替証拠金取引) | GENRE:株式・投資・マネー |

MACDとは・・プラス使い方方法

MACDは、とっても使い勝手がよく、FXや株の他にも投資全般で好まれている分析方法です。
テクニカルの中でもMACDトレンド系と言われているものに分類され、為替のトレンドをMACDで測るという使い方が一般的です。
MACDの読み方は、「マックディー」で、移動平均収束拡散手法と言うこともあります。
ちなみに、英語ではMoving Average Convergence/Divergence Trading Methodと言い、それらの頭文字をくっつけたものがMACDになるわけですね。

大きなトレンドを読むのに抜群の威力を発揮し、為替の動きにMACDが先行して動く特徴があります。

MACD

MACDの基本となるのが、移動平均線のようにゴールデンクロスを使った方法です。

チャートの画像を見るとわかりますが、MACDでは2本の線を使用して、それらの線を移動平均線のように使います。

まず始めに2本の線の名称を教えましょう。
一本目がメインとなるMACDで、もう一本の比較的なだらかな動きをしてるのがMACDシグナルと言うラインです。
チャートではグレーの色がシグナルの方です、間違えやすいので気をつけましょう。

チャート画像で薄い緑色のマルはMACDとシグナルのゴールデンクロスとなっている部分ですので買いシグナルになります。
薄いピンク色のマルはMACDがシグナルを上から下へ突き抜けるデッドクロス状態となっているので売りシグナルという見方ができます。
MACDチャートの動きに従って、為替のローソク足が上昇してトレンド転換が伺えます。


為替のトレンドを知るのにMACDは有効なテクニカル分析ですが、もう一つ、MACDチャートのゼロ地点を利用する見方があります。

同じくチャートの画像を参考に、MACDが表示されている場所の中心部分が0地点となっているのがわかると思いますが、この0地点よりMACDが上で推移してると為替は上昇トレンド下で推移してると下落トレンドとの見方もできます。

また、MACDシグナルを上抜いて買いサインが出た後、2本の線が0%以上のレベルになれば、強い上昇トレンドを表し、0%以下に下がれば強い下落トレンドと見ることができます。

MACDも他の分析手法と同様に、完璧な方法ではないということです。そこで、他の分析手法と兼ねあわせて使用すると、さらに効果的な活用方法になり得ます。
そこで、よりトレンドの継続と転換の「確認」が取れるように、RSIストキャスティクスなどのオシレーター系のチャートと一緒に使用します。そうすることによって、いわゆる「だまし」にも引っかからずにマーケットの流れに効率よく追随することが可能になるのです

THEME:FX(外国為替証拠金取引) | GENRE:株式・投資・マネー |

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、2本の線にて「相場の上がりすぎ・下がりすぎ」を表してくれる、オシレーター系のテクニカル指標。

直近の終値が、ある一定期間の最安値から見てどの程度の水準にあるのかという点から、相場が買われすぎの状態にあるか売られすぎの状態にあるかを表します。

基本的には「MACD」や「RSI」といった同じオシレーター系のテクニカル指標と同じく、買われすぎ・売られすぎのサインを読み取ることができます

ストキャスティクス 

%D(黄緑色の線)75%以上になってくると「買われすぎ」の合図
そして、75以上のゾーンで%D(黄緑色の線)%K(黄色の線)を下に突き抜けると、
それが「売りのサイン」となります。この表でいうと、緑色の丸があるポイントです。

逆に、%D(黄緑色)25%以下になってくると「売られすぎ」の合図
そして、25以下のゾーンで%D(黄緑色)%K(黄色)を上に突き抜けると、
それが「買いのサイン」となります。
この表でいうと、オレンジ色の丸があるポイントです。

ただし、こうした指標に付き物である「だまし」も当然あります。
%Dのラインが75以上まで到達したからといって、必ずしも相場が下がりだすとは限りませんし、25以下まで到達したからといって、必ずしも相場が上がりだすとは限りません
この表でいうと、紫色の丸があるポイントです。
THEME:FX(外国為替証拠金取引) | GENRE:株式・投資・マネー |

ADXDMIの基本と応用

ADXDMIトレンドの系のテクニカルツールです。


◆◆ 使い方 基本編 ◆◆

DMIは、+DI(PDI-DI(MDI)ADXの3本から構成される指標で、一見複雑に見えますが、実はとてもわかりやすいテクニカル指標です。

DMIは、日本語に訳すと「方向性指数」となり
トレンドの方向やその強さを見るために用いられます。

見方は非常に簡単。+DIは上昇の可能性-DIは下降の可能性の大きさを表します。
簡単に言うと、+DI-DIよりも上に位置していれば上昇トレンド、一方、-DI+DI上にあれば下降トレンドと判断します。

売買ポイントは、移動平均線と同様に、+DI-DI上抜いた時が買い+DI-DI下抜いた時が売りのポイントとなりますが、これだけでは結構ダマシも多いようです。またそれぞれを単独で見て、極端な数値を取った場合、逆張りをかけることもあります。

しかし、DMIの大きな特徴は、ADXというトレンドの勢いを示す指標があることです。これは、+DI-DIの乖離の大きさを示しており、
ADXが上昇しているときは、トレンドが発生している状態
下降しているときは、トレンドのない状態

ということができます。つまり、下降から上昇の転換がトレンドの発生上昇から下降はトレンドの終局とみれます。

DMI-1 
◆◆ 使い方 活用と応用編 ◆◆

以上の3本のラインを売買ポイントとして使う場合は、2本のDIがクロスした後、ADXが下降する-DIを上抜いたときが買い、クロスの後、ADXが下降する+DIを上抜いたときが売りとします。

実際多くのトレーダーは、このテクニカル指標を使って、売買ポイントを探り出すというよりは、ADXによるトレンドの強弱を見ているトレーダーが多いようで、私もその一人です!

ADXが上昇しているときには、トレンドが発生中
ADXが下降しているときには、レンジ相場と考え、オシレーター系が得意な逆張り狙い

いう利用の仕方です。

DMI-2 


ただ、こちらも単体として使うのではなく、他のテクニカル指標を併せる事によって、勝率は高くなると考えます。
THEME:FX(外国為替証拠金取引) | GENRE:株式・投資・マネー |
ブログランキング
応援お願いします。
業界最低スプレッド
XM 口座開設
新規口座キャンペーン
ウルトラFX
関連記事⇒コチラ
メルマガ始めました!
FXにもバイナリーオプションにも役立ちます!

無料レポートプレゼント実施中
Translation
検索フォーム
機能を動画解説
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

動画で機能を紹介コチラ
リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
免責
当ブログは情報提供を唯一の目的としたものであり、収益の保証、或いは直接的に投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。 本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。 キャンペーン期間や情報の詳細など、必ずご自身でご確認ください。 また、著者の思考、感情、トレードメモや日記なども含んでおります。 EAの検証や、システムの使い勝手を試したり、システムを理解するための練習や、トレードそのものの練習など、デモ環境を使用する場合があります。デモ環境につきましては実際のレートと異なる場合がございます。 投資方針や時期選択等の最終決定は、リスク等を熟知した上、ご自身で判断されますようお願いいたします。 また、当ブログで紹介しております業者につきましては、資本関係、人的関係等一切ありません。 従いまして万が一、業者が倒産した場合、もしくは業者を利用し、損失を被った場合でも、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。投資に関する最終決定はお客さまご自身の判断でなさいますようお願い致します。